FC2ブログ

親の死

私は母を七年前に胃ガンで亡くしています。

七年もたったのに、未だに悲しく母が恋しく、母の写真を見ると涙が出てきて、しんどいので、見ることはほとんどありません。

50過ぎた中年のおばさんなのに、こんな風です(>_<)

患者さんの中にも、私と同じような方がおられ、お母さんやお父さんを亡くして鬱になってしまったと言われます。

親が子供より先に亡くなるのは自然なことですが、親がいなくなるというのはほんとに寂しく、目の前にポッカリ穴があいたような感じがします。

中年のおばさんがこんな感じなんだから、若い人が親をなくされたらほんとにショックで悲しく鬱になるのは当然ですが、どうか苦しまず昇華してください。

以前読んだ本に書いてありました。
なき人の遺品はなるべく整理するほうがいい。残された人にはストレスになるからと、、、
そうなんです。私も母の遺品をみると懐かしさよりもひどく悲しさがこみ上げるので、少しずつ整理していってます。

きっと、母も私が泣いているより元気にしている方を願っているだろうから。

私自身も息子の親ですが、息子に対しては、私が亡き後は、私のことを思い出すよりも幸せにしてくれていたらそれでいいと思うし。

親が亡くなり、自分も中年になり、余生のことを考える年になり、人間の一生って短いなあと思う今日この頃です(>_<)

どうか、悲しまず苦しまず、毎日を幸せに生きてください!一緒に日々を大切に生きていきましょう(^_^)ノ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドクターあや

Author:ドクターあや
長年産婦人科勤務を続けてきましたが、2013年4月から産婦人科のレディースクリニックを開業しました。韓流好きです。家庭菜園での野菜作りを楽しみに毎日の生活を大事につつましく生きていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR